劣化する家電とテレビアンテナ~早急な電気工事が必要な理由~

問題が起こる前にしておきたい家電とテレビアンテナの工事

家の家電が劣化したらすぐに電気工事

案内する業者

エアコンや換気扇など、家庭で使用する家電は色々あります。これらを長く使い続けると、劣化します。劣化をすると、次のようなトラブルが発生してしまうので、早めに電気工事をすることが大切です。

問題が起こる前に電気工事

電気工事で換気扇を交換しないとどのような問題が起こりますか?
換気扇の寿命は、一般的に8年~10年程度です。この年数以上使い続けると、ファンやモーターが経年劣化していきます。回転音が大きくなる、異音や異臭がする、電源を入れても動かないなどの症状は経年劣化によって起こります。このような症状が現れた場合は、故障する前に対処したほうが良いです。
劣化したエアコンを交換しないとどのような問題が起こりますか?
劣化したエアコンを使い続けると、異音や操作不能など色々な問題が発生します。異音は、送風ファンの故障やコンプレッサーの故障が考えられます。電源が入らない、冷暖房の切り替えができないなどエアコンの操作が不能になった場合は、電子部品がショートして故障している可能性が高いです。このように劣化したエアコンを使い続けると、不調が起こりやすくなるので気をつけましょう。
劣化して漏電が起きるとどのような問題が起こりますか?
漏電は、電力の損失をするだけではなく、感電や火災などの事故の原因に繋がることもあります。感電の場合、死に至る可能性もありますし、火災では家が全焼したり周りの家に火が移ったりすることもあります。小さな被害としては、電力の損失ですが、被害が拡大して命に関わる危険な問題に発展することもあるのです。自分の命を守るためにも、そして周辺に迷惑をかけないためにも、劣化による漏電を防ぐことが大切です。

劣化するのは仕方無いことなのですが、それを放置すると、このように多くの問題が発生してしまいます。ですから早めに業者に電気工事を依頼して、問題を起こさないようにしましょう。

テレビアンテナも劣化するので工事が必要

テレビアンテナも、使い続けると劣化するため、電気工事が必要になります。劣化する原因は、次のようなことが考えられます。

テレビアンテナが劣化する原因

雨風による影響
大雨が降ったり、強い風が吹いたりすると、テレビアンテナが倒れることがあります。倒れても、破損していなければ、元通り立て直すだけでテレビは映るようになります。しかし雨風が吹く度に、テレビアンテナが倒れてしまうと、どんどん劣化してしまいます。
塩による劣化
アンテナの寿命は、一般的に10年程度と言われています。条件によっては、10年以上経っても、問題なく使用できることもあります。ただ、安全性や画質のことを考慮すると、10年以上経過したらメンテナンスをしたほうが良いでしょう。海が近い場所の場合、金属を錆びさせる性質がある塩分がアンテナに付着してしまうため、通常よりも寿命が短くなるケースが多いです。海沿いに住んでいる場合は、10年経過していなくても、メンテナンスをするべきです。
TOPボタン